出会いの短編小説が横浜で出版された


出会い、A川龍之介の死の日(1892-1927)。
カッパは、出会い年に「改造」で出版された短編小説のタイトルである「カッパ」にちなんで命名されました。
東京都京橋生まれ。
俳句は1918年に高浜京子によって教えられました。

横浜 出会い

星の声
(木田Re子)
カッパが残した魚の骨
(内田ももち)
数百のカッパファイアダスト
(佐々木咲)
カッパライオンを探しています
(A山)
出会いの香りのイチョウ
(飯田竜太)
無邪気な河童を終えた
(藤田Re子)

そうです、S川龍之介の死には陰湿な気持ちがあります。

A川龍之介は先に「壊れた」というフレーズを書いています。

暑い夏だと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です