露骨に彼女ができる相模原のママ活

テーマも露骨に「ロト8」。

生徒全員が日記を開く

私は書いていますが、

鉛筆を持って考えていたのは、本質的な女子学生だけ。

“どうしたの?”相模原のママ活

「先生、書道キーナイ」

日記は空白のままです。

「何をしているのか、早く書いてください。」

相模原のママ活「なんて浮かぶカバ!」

女子高生はついに泣き出した。

大学を卒業する時期はどんどん近づいてきました。

先生は欲望と焦りに支配されていました。

「早く書いて!ロト8の当選番号!」

「書いてください!書いてみませんか?e!」

先生は自分を失い、首を締めた。

女子高生は疲れます。

先生は出会い罪で投獄された。

彼女は日記を書くことができませんでした

彼女は自分が自分の将来であることに気付くのにそれほど時間はかかりませんでした。

相模原のママ活  未来日記(キャリーオーバー版)」

私も遅れていた相模原のママ活

ASOBO-メンバーシップから脱退しました…

 聖人の行進

子供

「ねえ、お母さん、私は疲れています。」

母親相模原のママ活

「しっかりしてください、あなたはすでに遅れています。」

子供

「どこに向かっているの?」

母親相模原のママ活

「私も初めて行きます!」

群衆は彼らが遠くにいるのを見つけるとすぐに大きな音を立て始めました。

「さあ、私はここにいる!」

「危険、逃げろ!」

「いや、ここでやめろ!」

バキバキ、

ない、

道館

母親

「天安門広場というところに行け!」

「え?何か踏んだの?」

子供

“うーん。”

「ああ、私も何かを踏んだ!」

象の群れによるデモ行列は当局が簡単に止めることはできません

 未来日記(因果報)」

(継続)

先生が他の大学に転校するまで10日

言い換えれば、宝くじ8宝くじはもう1回だけです。

日記は学生が記入する日付です

先生が訂正する日が交互に繰り返されるので、

現在の順番では、決定的なタイミングで日記を見ることができません。

相模原のママ活そのため、先生は発売締切日の午後(=抽選日)にホームルームをオープンし、ホームルームをオープンしました。

その場で日記を書くように生徒に勧めます。