友好的に発展した相模原のママ活

少し

日本と台湾の歴史を振り返ってみましょう

台湾は日本の植民地時代まで完全に発展していませんでした。

 

https://www.nikukai.jp/kanagawa-mamakatsu/#heading3

 

台湾は日本の統治下にあった(1895-1945)

相模原のママ活1895年5月25日、漢民族が日本への譲歩に抗議

フォルモサ民主共和国の建国を宣言された日本軍とのオトミ戦争で

圧倒的に支配的な日本軍の前でフォルモサ民主共和国が崩壊

1896年、台湾総督を中心に日本の統治体制が確立されました。

その後、「農業は台湾、産業は日本」を共有する目的で、台湾の農業振興政策が採択されました。相模原のママ活

さまざまな産業保護政策、鉄道などの輸送網の開発、大規模灌漑プロジェクトなどを実施し、砂糖製造とホライ米生産を劇的に改善し、成功させました。

経済面では、台湾での過度の競争を防ぎ、台湾の財政の独立を実現するために独占システムを採用しました。

軍隊を抑圧することにより、初期の反日武装運動に対応する

その後、台湾の教育制度は近代化を目指して拡大されました。

義務教育制度が施行され、1943年には台湾人の就学率は71%に達し、日本に次ぐアジアで2番目に高い水準に達した。

多くの台湾人が日本に留学すると同時に、主にビジネスのための教育機関を設立し、台湾の行政および経済実務家を訓練しました。

相模原のママ活台湾の日本製のインフラ

当時、日本軍は台湾の統治に対して友好的な政策を望んでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です