露骨に彼女ができる相模原のママ活

テーマも露骨に「ロト8」。

生徒全員が日記を開く

私は書いていますが、

鉛筆を持って考えていたのは、本質的な女子学生だけ。

“どうしたの?”相模原のママ活

「先生、書道キーナイ」

日記は空白のままです。

「何をしているのか、早く書いてください。」

相模原のママ活「なんて浮かぶカバ!」

女子高生はついに泣き出した。

大学を卒業する時期はどんどん近づいてきました。

先生は欲望と焦りに支配されていました。

「早く書いて!ロト8の当選番号!」

「書いてください!書いてみませんか?e!」

先生は自分を失い、首を締めた。

女子高生は疲れます。

先生は出会い罪で投獄された。

彼女は日記を書くことができませんでした

彼女は自分が自分の将来であることに気付くのにそれほど時間はかかりませんでした。

相模原のママ活  未来日記(キャリーオーバー版)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です